利尿剤(ラシックス)の飲み方法

使い方及びキャパ
条目ボリューム:10mg、20mg、40mg
常識、成人には「フロセミド」として「毎日1回40~80mg」を日々または隔日経口投与します。
ただし、ジェネレーションや障害により臨機応変増減をします。

 

※腎効用不全等の場合にはもう一度大量に用いることもあります。
※悪性高血圧に用いるシチュエーションなどには、他の降圧剤などと併用することもあります。

 

・利尿剤(ラシックス)細粒4パーセント
常識、成人にはフロセミドとして「毎日1回40~80mg(教科書剤1~2g)」を日々または隔日経口投与します。
ただし、ジェネレーションや障害によりそれら同様に臨機応変増減をします。
※腎効用不全等の場合にはどんどん大量に用いることもあります。
※悪性高血圧に用いるシチュエーションなどには、他の降圧剤などと併用することもあります。

 

・摂取以後約1スパン程度で作用
利尿剤(ラシックス)はその威力において優れたお薬になりますので、摂取以後約1スパン程度で効果が現れるといわれています。
また、錠たぐいと細粒たぐいは、服用してから約1スパン以内に作用が現れてきます。
また、薬効効果は約6スパン程度は持続するといわれています。
他にも注射たぐいの利尿剤(ラシックス)などがあり、注射を打ってから5~6取り分でアッという間に効果が現れるとされ、約3スパン程度は作用が持続するといわれています。

 

利尿剤のラシックスのメインへ