利尿剤(ラシックス)の働き・効果

利尿剤(ラシックス)は以下の状態などに順当とされています。

 

高血圧(本態性、腎性位)

WHO(各国保健機構)の規準で、マキシマム血圧が「160mmHg限り」また最低血圧が「95mmHg限り」のいずれかもしくは一方、両人が持続する場合は高血圧になります。
また、本態性、腎性、内分泌性などに分けられます。

 

悪性高血圧(高血圧非常時症)

悪性高血圧(血圧非常時症)は、血圧が非常に高くなり、ぱっぱと降圧手当てなどが必要となる状態になります。

 

また、降圧手当てをしない場合には、脳・心臓・腎臓・大動脈などに重篤なバリアーが起こってしまい、致命的となりうる危険な異常のことです。

 

心性腫れ(しんせいふしゅ)

心臓の構造が低下して、うっ血性心不全が発症すると、むくみや呼吸困難などの状態が現れます。
こういう状態を「心性腫れ」といい、夕刻~晩にかけてその状態が激しく現れることが多くなります。

 

うっ血性心不全

心不全とは、様々な事由などにより心臓にあるポンプ構造の異常を来した様子をいいます。
主に心臓の勤めは全身に必要な血を送り出すポンプになりますが、こういうポンプの成果が低下していくと、末梢の組織にむくみが起こります。
状態としては、息苦しさを感じるのがうっ血性心不全になります。

 

腎性腫れ(じんせいふしゅ)

腎性腫れとは腎臓の不自然などにより、引き起こされるむくみのことをいいます。
腎臓はひとたび異常をきたしてしまうと、その再生や手当てが思い切り困難になり、普段の身の回りにも大きなデメリットが生じてしまい、相当注意が必要な「むくみ」になります。
再び、腎臓の病気の初期では自覚症状を察知するのがむずかしい結果、むくみはボディーにとって、心から重要な合図ともいえます。

 

キーポイント性腫れ(かんせいふしゅ)

肝臓構造が低下していくと、キーポイント性腫れと呼ばれるむくみがボディーに現れます。
一般的には肝硬変などが知られており、感じとしては腹水をともなうことが多いです。

 

月経前ストレス症

月経前3太陽から10日間の間に続く内または、身体的症状になります。
生理の状態は月経前に周期的に現れるのが特徴です。
主な身体症状としては以下の通りになります。
・むくみや腹の膨満気分
・牛乳の緊満気分などの水気貯留状態
・頭痛
・腹痛
・腰痛などの痛み状態
・食欲不振
・立暗み
・疲れなどの自律ノイローゼ状
・センチメンタル
・抑うつ
・恐れ
・不眠などのノイローゼ状

 

末梢血管バリアーによる腫れ

末梢血管不具合の主な状態は以下の通りですが、損傷した血管の置き場によって様々になります。
・痛苦
・息切れ
・攣縮
・筋肉疲れ
・ふらつき
・浮腫やむくみ
・無感覚(感覚鈍麻)
・落胆を受けた部位の表皮の染みなど

 

尿路結石放出促進

尿路結石は、その姓名のまま、尿路に石ができる病気のことです。
尿中に溶る「カルシウム」や「シュウ酸・リン酸」などのミネラルなどが、なんらかの原因でクリスタル化をして、石にようになったのを結石といいます。
こういう石のがたいは、砂粒のようなちっちゃな製品から、拳大ほどのがたいの製品まであります。

 

利尿剤のラシックスのTOPへ