利尿剤(ラシックス)の重要な基本的警戒

①利尿剤(ラシックス)の利尿効果は急激に現れることがありますので、電解質失調や脱水に満足注意して、微少から投与を開始して下さい、また、容積はゆるゆる拡大するようにして下さい。

 

②連用する場合には、電解質失調が現れる事がありますので、定期的に診察を行って下さい。

 

③降圧実施に基づく目まい、ふらつき、などが現れる事がありますので、頭上事務、自転車・車の作業位または、心配を伴う設備を操作する際にはその使用はしないで下さい。

 

④夜間の引退がとくに必要なヒトには、夜間の排尿を避ける結果、昼間に摂取をして下さい。

 

-専門的な利尿剤(ラシックス)の副作用位発現ときの概要-
利尿剤(ラシックス)は、使用結果確認等の副作用発現数が直接的となる確認を実施していません。
・利尿剤(ラシックス)もスゴイ副作用
① 驚がく、アナフィラキシー
驚がく、アナフィラキシーを引き起こす恐れがありますので、研究を十分に行った上で、不具合が認められた場合には摂取を中止して、適切な応対を行ってください。

 

②再生欠如性貧血、汎血球失速症、無顆粒球症、血小板失速、赤芽球癆
再生欠如性貧血、汎血球失速症、無顆粒球症、血小板失速、赤芽球癆が現れる事がありますので、不具合が認められた場合には摂取を中止するなどの適切な応対を行ってください。

 

③水疱性系天疱瘡
水疱性系天疱瘡が現れる事がありますので、そういう異変があらわれた場合には摂取を中止するなど適切な応対を行ってください。

 

④難聴
難聴をきたすことがありますので、そういう異変があらわれた場合には摂取を中止するなど適切な応対を行ってください。

 

⑤習慣性人肌壊死解凍症、人肌粘膜目症候群、多格好紅斑、軽度汎発進性吹き出物性膿疱症
習慣性人肌壊死解凍症、人肌粘膜目症候群(Steven-Johnson症候群)、多格好紅斑、軽度汎発進性吹き出物性膿疱症が現れる事がありますので、研究を十分に行った上で、不具合が認められた場合には摂取を中止して、適切な応対を行ってください。

 

⑥心室性不整脈(Torsades de pointes)
低カリウム血液症を伴う心室性不整脈が現れる事がありますので、不具合が認められた場合には摂取を中止するなど適切な応対を行ってください。

 

⑦時質性腎炎
時質性腎炎が現れる事がありますので、不具合が認められた場合には摂取を中止するなど適切な応対を行ってください。

 

⑧時質性肺炎
時質性肺炎が現れる事がありますので、咳嗽、呼吸困難、発熱、肺響きの不具合(捻髪響き)位が認められた場合には、速やかに胸部X線、胸部CT等の診察をしてください。
時質性肺炎が疑われた場合には摂取を中止して、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な応対を行ってください。

 

利尿剤のラシックスのメインへ